”久留米のきゅうり”とは

Cucumber-sation cucumber[キュウリ]+cuner-sation[対話]

キュウリの一生をともにします。 当社の強みは、単に品種開発や高品質な種子の供給だけでなく、販売後の栽培指導まで一貫したサービスを提供できることです。ウリ科専門メーカーとして長い歴史の中で培った実績と技術力で安定した品質の種子を提供します。

01最先端の技術 02高い品質管理 03細やかなアフターフォロー

久留米交配の特性

新しいものづくりへの挑戦

“植物”という生物を相手にしたものづくりは、
単に機械のように均一な製品を開発・量産することと異なります。
新しい特性を導入するために長い期間を要し、
環境も常に天候という不安定な条件下での開発です。
久留米のきゅうりは、産地ベースの交雑育種や効率的な
個体選抜技術を開発・導入することで、生産者のニーズを
より早期に現実のものとし、多角的な研究開発に取り組んでいます。

閉じる

安心安全という付加価値

開発と同様に天候に左右される採種栽培は
生産性だけでなく品質に大きく影響を及ぼします。
久留米のきゅうりは地球レベルでの気候を考慮し、
安定的な種子生産を可能とし、また近年では
遺伝・病理検査を取り入れ、安全な種子の流通にも努めています。

閉じる

”形に表れない”特性をパッケージ

久留米のきゅうりの特性は単に品種としての特徴が
求められるものへ改良されることだけでなく、
生産者へのフォローアップ体制が整っていることにあります。
また現地との密なコミュニケーションは、
その土地で求められる特性を的確に
圃場へフィードバックすることにつながり、
産地メイドな品種開発に特化することができます。

閉じる

種づくりについて