ニュース

農業とお金の話

2018.04.19.THU

その他

先日、ながさき南部生産組合様主催にて行われた「次世代農進塾・アグリトップ」のセミナーに、当社より担当者が『農業とお金の話』の講師として参加させていただきました。

駆け足気味で20分ほどの講義でしたが、参加者の皆様が熱心に聴いて下さり、また、質問も飛び交う有意義な時間となりました。

改めまして、皆様お忙しい中ご参加いただきまことにありがとうございました!

 

今回は、そのセミナーの中でとりあげた  『農業とお金の話』  を少しずつ数回に分けてご紹介します。

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

当然のことですが、成果が出なければ、いくら働いても収入はゼロですよね。どんなに立派なきゅうりを生産しても、売ることが出来なければ当然収入はありません。

ですので、まずは生産力×販売力=収益と考えます。

では利益は・・・?

 

年商1000万円あったとして、経費が600万円ならば、単純に計算すると年収は400万円。「年収」1000万円と言っていた農家さんが、実は「年商」1000万円であり、利益(年収)は400万円程度だった、、というのはよくある話です。

また、「労働コスト」に関しても注意しなければなりません。経済的な側面から見る場合、1軒の農家でどのくらいの労力が使われているのでしょうか。多くの方は未だ家族労働はタダだという概念があるようです。

 

ですが、、、実際は異なります

 

たとえば本人・配偶者・両親の4人がかりで、年商1000万円/年収400万円なのか、本人のみで年商1000万円/年収400万円なのかでは、大きく異なります。

その年収は、実際には何人の労働によってもたらされているのかを、よく注意してみなければいけません。

また、極端に言えば、農家の経済的側面を判断する指標は、ただ一つ、、、

 

それは「時給」です。

 

その農家では、1人が1時間働いて、どのくらいの利益をあげることができるか。もし、優劣をつけるとすればこの点だけになります。

つまり、年間3000時間働いて、300万円の利益をあげた場合は「時給1000円」となり、年間1000時間働いて300万円の利益をあげた農家は「時給3000円」の仕事をしたことになります。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

次回に続きます☆☆☆☆

 

久留米原種育成会の最新情報や日々の出来事をご紹介します。

過去の記事

社内掲示板

page top