ニュース

農業とお金の話ーその2

2018.04.25.WED

その他

 

前回ご紹介した「農業とお金の話」の続きのお話をご紹介します☆

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

農業にかぎったことではありませんが、農業の目的とは「利益」を上げること、です。

では「利益」とは、、、、売上と経費の差額のことを意味します。また、「売り上げを上げること」だけではなく、「経費を下げること」も大変重要になってきます。

特に大きな投資をされる際には十分に注意してください。農業での大きな投資とは何かを具体的に言うと、農業機械やビニールハウスなどがあります。

そういった大きな投資に、どれだけお金をかけずに、必要な状況を確保することが出来るか、、、実は、最も理想的なのはレンタルをすることです。

とにかく、お財布からお金が出て行かないように考える。極端なことを言うと、出ていくお金にはシビアに1円単位で削るくらいの心構えが必要です。

支出がいくらあったのか、収入がいくらあったのか、1円単位できちんと管理し、なりふり構わず1円でも収入をふやす。

しつこいようですが、1円でも支出を抑える努力を心がけることが重要です。

 

まず、お金の流れをきちんと把握するために「家計簿=帳簿」をつけると良いでしょう。

とにかくお金のことを中心に考えるようにしましょう。

 

新しく農業を始められる方々には、次のような考えをお持ちの方がいらっしゃいます。

 

「農業を職業として考えない」

「儲かっていない研修先にいく」

「お金のことを真剣に考えない」

 

残念ながら、上記のような考え方をお持ちの方々は結果として失敗する傾向がみられるようです。

作物のことを中心に考える人よりも、お金のことを中心に考える方のほうが、永続する農業者になれる傾向があります。

つまり、結果的には、実際に野菜を作って、人に食べてもらえて、農業界に貢献しているのは、お金のことを考えていた人・・・・・ということです。

 

では、資金調達に関してはどうでしょうか。

 

当たり前かもしれませんが、お金は金利がつくところでは絶対に借りないほうが良い、ということが言えます。

もちろんそんなこと言ってられず、どうしても借りなければいけない状況は多々あるかと思いますので、その場合は公的機関の制度融資から優先して検討されると良いでしょう。

また、利用出来そうな補助金制度を見つけたら、先ずはすべて申し込みましょう。ですが、基本的には補助金は後払いとなります。

やはり先にどうしても自己資金を投じたり、借入で資金を作る必要が出てきます。

 

また、補助金や助成金の制度に関しては知らなければ検討することすらできません

今は情報があふれており、手軽に必要な情報を得られる社会になってきていますが、情報を得るのも自ら行動を起こし、積極的な情報収集に努めなければなりませんね。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

次回は最終回☆

『資金の活用方法(お金の使い途)』に関してご紹介させていただきます☆☆☆

久留米原種育成会の最新情報や日々の出来事をご紹介します。

過去の記事

社内掲示板

page top