ニュース

【予告】きゅうりの新品種「K1917」発売間近です。

2020.03.19.THU

お知らせ

品種名「K1917」

 

果実肥大が早く、初期より多収のマルチトレランス品種

(抑制・半促成・雨よけ)

雌花着果率

作型1 播種期 6月〜8月 主枝 50〜60% 側枝 70〜80%

作型2 播種期 2月〜5月 主枝 70〜80% 側枝 80〜90%

特長

うどんこ病・褐斑病・べと病に強い複合耐病性品種。
果実肥大は早いが樹勢はやや大人しいタイプなので、枝摘み等の手入れを急がなくても収穫を安定的に行える。

適作型

半促成・雨除け・抑制栽培

雌花率

主枝50 – 60% (8月定植)

果実

100gで20~21cm
濃緑色で果形・果長が安定する

草姿

枝の動きはやや大人しいが確実に発生していく

耐病性

うどんこ病・褐斑病・べと病

 

久留米原種育成会の最新情報や日々の出来事をご紹介します。

過去の記事

社内掲示板

page top